仕出し料理、レストラン、ケータリングサービスで美味しい料理なら大阪のアサヒフード

  • HOME

アサヒフードの思想

アサヒフードの歴史

歴史は半世紀を越えて

商都大阪の地に、その小さな寿司屋が
誕生したのは昭和32年でした。

戦後の混乱と貧困から脱出して
高度経済成長に向って突入する
夢と希望にあふれた時代でした。

小さな寿司屋にはささやかな願いがありました。

「美味しいお寿司をみなさんに食べてもらいたい」

そして、お客様にご満足いただける「美味しさ」の頂上を目指して
長く険しい道のりの第一歩を踏み出しました。

小さな寿司屋は、その調理技術をより多くの方に味わい、評価していただくために仕出し料理の分野に進出します。
少しでも多くの方に美味しいと喜んでもらえる料理を創る。その情熱と使命感は新しい世界への挑戦という形となって、ケータリングサービス(出張パーティ)へ、レストラン経営へと発展していきます。
お客様によって支えられ、勇気を与えられて歩んできた半世紀の時は、下町の小さな寿司屋をトータルフードサービスを目指す企業に変えていきました。

しかし、お客様の満足を“形”にすることは
容易なことではありません。

私たちはその難しさを思い知らされてきた
過去があります。数々の試行錯誤があり
失敗がありました。

しかし、その1つ1つをやり過ごしてしまわず
それが「何故起きて、何故そうなったのか」を
客観的に分析し、情報として「頭の引き出し」に
整理収納することを常に心がけてきました。

「頭の引き出し」をたくさん持つことが可能性を創る

分析した上で整理収納された“情報”はいつでも頭から取り出すことができます。
結果として、判断の選択肢が飛躍的に広がり大きな可能性を創りだせることになります。
そんな小さな意識の積み重ねが、お客様の満足を形にするために何をすべきかを私たちに知らしめてくれることになりました。

調理業界のビジョナリーを目指して

調理業界のビジョナリーを目指して

調理に関わる産業は本来、お客様の口にする食材の鮮度や安全性を最重要とすることで絶対的な信用を受けてしかるべきですが、残念な事件が少なからず生じていることに無念な思いがします。

しかし、アサヒフードはその事実を真摯に受け止め我が身を正して、調理業界のビジョナリー(先見性を持ち将来を見据える)カンパニーを目指して、

の三本柱のそれぞれで本当に美味しい料理をリアルタイムでご提供する、品質とスピードを両立したトータルフードサービスを目指しております。

その企業思想は社会貢献と顧客満足を基本としており、お客様に喜び、感動してもらえる料理とサービスを徹底してご提供し続けることにあります。

このホームページはアサヒフードの企業理念や業務内容、様々な活動をご理解いただくために公開しております。

皆様のご意見、ご感想をお待ちしております。(こちらからどうぞ)

ご利用上の注意
当ウェブサイトの操作ボタンの中には、インターネット閲覧ソフトの設定で、JavaScriptが有効になっていないと反応しないものがあります。

現在のあなたの環境で、
JavaScriptは になっています。

JavaScriptが無効になっていても、全ての内容はご覧になれますので問題はありませんが、スムーズな操作性実現のために有効にされることをお奨めします。

当ウェブサイト以外では必要に応じて設定を変更してください。
GO TO TOP